#085
BBS
Contact
Wayside Flower
Archives:The Drawers Contents
Traditional Japanese colors

How to save the streaming broadcast

How to Find a contract provider
Study of the Fishing float
My Family
福島原子力発電所土木工事の概要:1
福島原子力発電所土木工事の概要:2

Creation Date: 10-JUL-2010 
Miles Davis Kind of Blue 



Archives:The Drawers Contents
□ 2013/07/21 伊藤博文暗殺犯の銅像建立は…

朴槿恵韓国大統領は中国との首脳会談で安重根の銅像を共同で建立するよう要請した。中国側はその場での確約を避けたようだが、韓国の非常識な押しには呆れただろう。
2006年に韓国人有志により、ハルビン市内に安重根の銅像が建設されたことがある。しかし、この像は当局により即刻 撤去させられている。(下の2009/09/01 中央日報日本語版の記事を参照されたい)確かに安重根は地元(ハルピン市)では高い知名度がある。しかしそれは安重根が「愛国の士」だからではなく、日本の伊藤博文を暗殺した人物としてだ。
そもそも「外国人の銅像建設は認めない」が中国側の建前だ。中国にしてみれば安重根は中国領内で外国要人を殺害(ハルピン駅・1909/10/26)したテロリストでしかない。当時、中国は列強に干渉された混乱の最中にあったが、テロは中国当局の面子を大いに傷つけたことは想像に難くない。朴槿恵大統領はどうもその辺が理解できていないようだ。
外交は互いの立場を理解するところから始まる。自国に何の貢献もしていない人物の銅像を共同で建てなければならない理由はどこにも無い。自国の価値観を押し売りすのは余りにも愚かだ。
 
ウラジオストク国立医科大学(ロシア)キャンパス内に2002年に建立された「安重根義士記念碑」
現在は土台を残して撤去されている


安重根は1909年10月30日の訊問調書で、検察官に対し伊藤博文を暗殺した理由として「15の大罪」を述べている。(下の赤文字)その中に「伊藤博文が東洋平和を訴えた孝明天皇を毒殺した」と主張している。安重根にとって明治天皇は偉大なる名君だった。韓国が伊藤博文暗殺を抗日運動の証左とするには違和感を覚える。
暗殺の5年前、日本は日露戦争に於いてロシアを打ち負かした。危うい勝利ではあったが列強相手に初めて東洋人が勝利し た偉業だった。この日本勝利に安重根は「聡明なる明治天皇のもと、東洋の平和が保たれる」と確信したとも述べている。しかし「安応七歴史」の中、彼のようには日本の勝利を歓迎しない者が居たことを記している。その人物が死刑執行まで接触し続けたフランス人神父の洪錫九だ。洪神父は「ロシアが勝てばロシアが主人になり、日本が勝てば日本が主人になるだけだ」と諭している。余りにも貧しく力の無かった状況を洪錫九は理解していたのだ。
安重根はこの洪神父の勧めで1894年には農民の内乱である「甲午農民戦争」の鎮圧に加わっている。両班出身の彼にと って貧しい農民は所詮「下賎の民」でしかなかった。その辺りの経緯もあるのかは知らんが、北朝鮮では積極的に安重根を評価する動きはない。愛国の士であることは認めても「暗殺」に訴えたことは評価していないと云う。多くのテロを行ってきた国がそれを言っても説得力はないが…
どうやら韓国の「愛国」は、日本人を殺害した行為を称賛しているに過ぎないようだ。世界中に「国の為」だと称し要人を暗殺する輩は多い。一時は愛国者と呼ばれることはあっても、どこまで行ってもそれはテロリストでしかない。国としてテロリストを義士に祭り上げる行為は多くの危険を孕む。歴史認識を声高に叫ぶ前に自国の歴史を冷静に見直すべきだ。いずれは白日の下に晒される日がくる。

1909年10月30日の訊問調書で、安重根が検察官に対して述べた伊藤博文の「15の大罪」
  • 一、今ヨリ十年バカリ前、伊藤サンノ指揮ニテ韓国王妃ヲ殺害シマシタ。
  • 二、今ヨリ五年前、伊藤サンハ兵力ヲ以ッテ五カ条ノ条約ヲ締結セラレマシタガ、ソレハミナ韓国ニトリテハ非常ナル不利益ノ箇条デアリマス。
  • 三、今ヨリ三年前、伊藤サンガ締結セラレマシタ十二ケ条ノ条約ハ、イズレモ韓国ニトリ軍隊上非常ナル不利益ノ事柄デアリマシタ。
  • 四、伊藤サンハ強イテ韓国皇帝ノ廃位ヲ図リマシタ。
  • 五、韓国ノ兵隊ハ伊藤サンノタメニ解散セシメラレマシタ。
  • 六、条約締結ニツキ、韓国民ガイキドオリ義兵ガ起リマシタガ、ソノ関係上、伊藤サンハ韓国ノ良民ヲ多数殺サセマシタ。
  • 七、韓国ノ政治、ソノ他ノ権利ヲ奪イマシタ。
  • 八、韓国ノ学校ニ用イタル良好ナル教科書ヲ伊藤サンノ指示ノモトニ焼却シマシタ。
  • 九、 韓国人民ニ新聞ノ購読ヲ禁ジマシタ。
  • 十、 ナンラアテルベキ金ナキニモカカワラズ、性質ノヨロシカラザル韓国官吏ニ金ヲ与ヘ、韓国民ニナンラノ事モ知ラシメズシテ終ニ第一銀行券ヲ発行シテオリマス。
  • 十一、韓国民ノ負担ニ帰スベキ国債二千三百万円ヲ募リ、コレヲ韓国民ニ知ラシメズシテ、ソノ金ハ官吏間ニオイテ勝手ニ処分シタリトモ聞き、マタ土地ヲ奪リシタメナリトスト聞キマシタ。コレ韓国民ニトリテハ非常ナル不利益ノ事デアリマス。
  • 十二、伊藤サンハ東洋ノ平和ヲ攪乱シマシタ。ソノ訳ト申スハ、日露戦争当時ヨリ、東洋平和維持ナリト言イツツ、韓皇帝ヲ廃シ、当初ノ宣言トハコトゴトク反対ノ結果ヲ見ルニ至リ、韓国民二千万ミナ憤慨シテオリマス。
  • 十三、韓国ノ欲セザルニモカカワラズ、伊藤サンハ韓国保護ニ名ヲ借リ、韓国政府ノ一部ノ者ト意思ヲ通ジ、韓国ニ不利益ナル施設ヲ致シテオリマス。
  • 十四、今ヲ去ル四十二年前、現日本皇帝ノ御父君ニ当ラセラル御方ヲ伊藤サンガ失イマシタ。ソノ事ハミナ韓国民ガ知ッテオリマス。
  • 十五、伊藤サンハ、韓国民ガ憤慨シオルニモカカワラズ、日本皇帝ヤ、ソノ他世界各国ニ対シ、韓国ハ無事ナリト言ウテ欺イテオリマス。
 
供述内容が全て敬称になっていることに違和感を感じる者もあろうが、天皇や要人に対して呼び捨ては有り得なかった時代だ。ましてや「文字」にするとなると尚更だったのだろう。
 

ハルピンで撤去された「安重根義士銅像」が帰国
2009年09月01日08時03分 中央日報日本語版より転載
安重根(アン・ジュングン)義士記念館(ソウル南山)の入場券には、コート姿で前に進もうとするポーズを取っている銅像の写真が収めれている。
 「義挙の現場、ハルピン市に設けられていた安重根義士の銅像」という説明もある。しかしこの銅像は中国にない。8月29日に韓国の仁川港(インチョンハン)に到着、9月1日、通関の手続きを終えてソウル入りする。銅像が帰途についたのは「外国人銅像の建設を許さない」という中国政府の立場のためだ。
銅像の帰国を進めた安重根平和財団青年アカデミー側は先月27日、安義士が死刑判決を受けた旅順裁判所に立ち寄り、鎮魂祭を行った。しかし韓国でも銅像の設置は難関にぶち当たった。旅順裁判所で鎭魂祭が開かれる前日に国家報勲処は「学術的かつ芸術的な価値が検証済みでないハルピンの銅像を公共場所に設けるのは不適切」と、報道資料を出した。
銅像は安義士の家廟(一家の祖先を祭る祠)がある孝昌(ヒョチャン)公園に臨時的に保管される。依然として銅像を設ける場所は用意できていない。アカデミー側は「逝去から100年になっても発見できていない安義士の遺体を見つける心情で作った銅像」とした後「義挙の現場から来た遺体だから、故国が歓迎してくれることを望むだけ」と話した。
 


エステ
inserted by FC2 system